2011年04月30日

股関節の稼働域を広げるストレッチ

股関節が柔らかくなると、怪我を防ぐ事ができたり、股関節痛の予防にもなります。

それでは、股関節を柔らかくし可働域を広げるためには、どういうストレッチを行うと良いのでしょう。

この股関節の可働域を広げる為のストレッチには、

・あぐらをかいて両方の足の裏を合わせ、無理に開き過ぎないようちょっとずつ両手に力を入れて膝を下へ押す。

・あぐらをかいて両方の足の裏を合わせ、足を持ったまま、上体を前にまったりと倒して十五秒間そのままにする。

・つま先と膝を出来るだけ外側に開いて立って、そのまま前屈みにならないように真下に腰をおとす。

・仰向けに寝て両手で膝を抱きかかえるようにし、股関節が円を描くようになるべく大きく膝を内側と外側に回す。

などがあります。

どのストレッチも無理をしないで、気持ちが良い痛みのところで止めるようにすることが大事ですよ。

積極的に体が柔らかくなっているお風呂あがりにすると、より効果が期待できます。

股関節の可動域は、広げようと、ストレッチを行うと即座に柔らかくなると言うものではないのです。

時間を掛けて、ゆっくりと行う事がとても大切ですので、毎日きちんと継続することを意識してみてください。

また、股関節が痛んでストレッチができない方は、水中を歩くだけでも効果を得られます。

水の中では股関節への負担が少なくなるため、その分、自由に体をうごかす事ができるのです。

ちょっとでも股関節をやわらかくして、痛みを軽減するようにしましょう。
posted by りおん5nws at 00:00| Comment(0) | 股関節の稼働域を広げるストレッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。