2011年04月25日

肩甲骨の稼働域を広げるストレッチ

肩甲骨が柔らかくなったら、肩こりの解消になりますし、四十肩の予防にもなります。

肩甲骨を柔らかくする事で可働域を広げる為のストレッチをする前に、まず、肩甲骨がどのあたりの骨なのか、しっかりとイメージしてみて下さい。

肩甲骨は、肩の下あたりにでっぱっている骨で、別名「天使の羽」とも言われています。

ここの可働域の広い・狭いは、背中で両手を組めるか組めないかで簡単にチェックすることが出来ますね。

右手を上から、左手を下から背中に回して手を組めるでしょうか?手を組めるようでしたら、貴方の肩甲骨の可働域は広いということですね。

もし、片方だけの手が組めると言った場合には、バランスが良くないということになりますね。

どちらの手も組めるように、肩甲骨を柔らかくして可働域を広げて下さい。

肩甲骨の可働域を広くする為のストレッチとしては、頭の後ろで手を組んで、肩甲骨を広げるように意識的に背中を丸め両肘を付けて、次に肩甲骨を近づけることを意識的に胸を張る。

・肘を曲げないように後ろで手を組んで、胸を張る。

・フェイスタオルの端を両手で持ち、肘を曲げないようにしながら体の後ろを上から下まで通す。

などがあります。

ちなみに、一流とされるスポーツ選手の多くは、肩甲骨がすごく柔らかいです。

特に、ゴルフは肩甲骨の可動域が広がっていることが重要で、石川遼くんの肩甲骨の柔らかさは一時話題になった程ですよね。
肩甲骨が柔らかくなれば、猫背の改善にも効果的でしょうので、ぜひ試してみてください・
posted by りおん5nws at 22:00| Comment(0) | 肩甲骨の稼働を広げるストレッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。