2011年04月23日

器具を使ったストレッチ

ストレッチ用の器具なんてきいたら、ちょっと大袈裟な機械を想像される方もいるかもしれませんね。

けれど、具体的には深夜のテレビショッピングなどで紹介している健康グッズみたいな物だと考えて下さい。

当たり前のことですが、基本的な筋肉を伸ばすとか、筋肉をほぐすようなストレッチは、器具がなくても充分に出来ます。

ただ、器具を活用してストレッチを行う場合、十分に伸ばせないような箇所やより深い箇所まで効果的に伸ばす事が出来るでしょう。

一例としては、以前有名になった「ぶらさがり健康器」。

これは、ぶらさがるだけで腕や肩、そして、背中の筋肉を気持ちよく充分に伸ばしてくれる器具だったものです。

また、肩凝りには首のストレッチが効果があるのですが、普通のストレッチでは首を回すことぐらいしか出来ません。

こんな時には、首筋用の補正ストレッチ器具を活用する事で、無理なく首の筋肉を伸ばしてあげる事ができるのです。

このように、通常のストレッチではなかなか思うように伸ばすことができない箇所も、器具を活用することですっきりとほぐす事ができるようになります。

けれど、ストレッチ器具だけに頼りすぎては偏ったストレッチになる可能性もありますので、始めに一般的なストレッチを行って、その後の補助ストレッチと言う形で、器具を取り入れたストレッチを行う場合良いかもしれませんね。

近年では、色々なストレッチ器具が出ていますから、貴方の体の状態に合った物を選んでくださいね
posted by りおん5nws at 04:00| Comment(0) | 器具を使ったストレッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。