2011年05月01日

腰痛に効果のあるストレッチ

デスクワークをしてる方の中には、腰痛に悩んでいる方がとても多いのではないでしょうか。

これは、長い時間、同じ姿勢をとっている為で、腰の筋肉が硬くなってしまい、血流も悪くなってしまっている事が主な原因ですね。

腰の筋肉を柔らかくしてあげることで、血液の循環も良くなり、腰痛も軽くなります。

それでは、腰の筋肉を伸ばして柔らかくしてあげるためには、どのようなストレッチを行えばいいのでしょうか。

腰痛に効果があるストレッチとして代表的なのは、

・椅子に座って背もたれを利用して、思いっきり背中を後ろへ反らせる。

・椅子に座って両手を前で組み、手が下がらないようにしながら、まっすぐに前へ壁を押すように突き出す。

・壁に両手を置いて壁を押すような感じで、できるだけ背中を後ろへ反らせる。

・仰向けに寝て両膝を立て、両肩が床から離れないようにして、息を吐きながら両膝をゆっくりと真横に倒して10秒キープ。

などと思っております。

慢性的な腰痛を感じている方は、ぎっくり腰などの急激な腰痛を引き起してしまう事もありますね。

腰痛に効果的だストレッチを毎日継続して、ギックリ腰防止にもなるので、毎日続けて行うようになさってください。

ストレッチを行って筋肉や関節を気持ちよく伸ばしてあげることで、筋肉がほぐれて血液の循環もよくなり、新陳代謝も促進されます。

ストレッチを行うだけで腰痛が治るはずがないなんて諦めていないで、ぜひ試してみてくださいね。
posted by りおん5nws at 00:00| Comment(0) | 腰痛に効果のあるストレッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月30日

股関節の稼働域を広げるストレッチ

股関節が柔らかくなると、怪我を防ぐ事ができたり、股関節痛の予防にもなります。

それでは、股関節を柔らかくし可働域を広げるためには、どういうストレッチを行うと良いのでしょう。

この股関節の可働域を広げる為のストレッチには、

・あぐらをかいて両方の足の裏を合わせ、無理に開き過ぎないようちょっとずつ両手に力を入れて膝を下へ押す。

・あぐらをかいて両方の足の裏を合わせ、足を持ったまま、上体を前にまったりと倒して十五秒間そのままにする。

・つま先と膝を出来るだけ外側に開いて立って、そのまま前屈みにならないように真下に腰をおとす。

・仰向けに寝て両手で膝を抱きかかえるようにし、股関節が円を描くようになるべく大きく膝を内側と外側に回す。

などがあります。

どのストレッチも無理をしないで、気持ちが良い痛みのところで止めるようにすることが大事ですよ。

積極的に体が柔らかくなっているお風呂あがりにすると、より効果が期待できます。

股関節の可動域は、広げようと、ストレッチを行うと即座に柔らかくなると言うものではないのです。

時間を掛けて、ゆっくりと行う事がとても大切ですので、毎日きちんと継続することを意識してみてください。

また、股関節が痛んでストレッチができない方は、水中を歩くだけでも効果を得られます。

水の中では股関節への負担が少なくなるため、その分、自由に体をうごかす事ができるのです。

ちょっとでも股関節をやわらかくして、痛みを軽減するようにしましょう。
posted by りおん5nws at 00:00| Comment(0) | 股関節の稼働域を広げるストレッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

肩甲骨の稼働域を広げるストレッチ

肩甲骨が柔らかくなったら、肩こりの解消になりますし、四十肩の予防にもなります。

肩甲骨を柔らかくする事で可働域を広げる為のストレッチをする前に、まず、肩甲骨がどのあたりの骨なのか、しっかりとイメージしてみて下さい。

肩甲骨は、肩の下あたりにでっぱっている骨で、別名「天使の羽」とも言われています。

ここの可働域の広い・狭いは、背中で両手を組めるか組めないかで簡単にチェックすることが出来ますね。

右手を上から、左手を下から背中に回して手を組めるでしょうか?手を組めるようでしたら、貴方の肩甲骨の可働域は広いということですね。

もし、片方だけの手が組めると言った場合には、バランスが良くないということになりますね。

どちらの手も組めるように、肩甲骨を柔らかくして可働域を広げて下さい。

肩甲骨の可働域を広くする為のストレッチとしては、頭の後ろで手を組んで、肩甲骨を広げるように意識的に背中を丸め両肘を付けて、次に肩甲骨を近づけることを意識的に胸を張る。

・肘を曲げないように後ろで手を組んで、胸を張る。

・フェイスタオルの端を両手で持ち、肘を曲げないようにしながら体の後ろを上から下まで通す。

などがあります。

ちなみに、一流とされるスポーツ選手の多くは、肩甲骨がすごく柔らかいです。

特に、ゴルフは肩甲骨の可動域が広がっていることが重要で、石川遼くんの肩甲骨の柔らかさは一時話題になった程ですよね。
肩甲骨が柔らかくなれば、猫背の改善にも効果的でしょうので、ぜひ試してみてください・
posted by りおん5nws at 22:00| Comment(0) | 肩甲骨の稼働を広げるストレッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。